Loading...

湯守のポリシー

Policy
Home / 湯守のポリシー

湯守のポリシー

栃尾又温泉には、「万病の湯」といわれる類まれな効能を求めて、遠方からも定期的にお越しいただく方が多く、 自在館は、400年以上続く栃尾又温泉の湯守として、より良い湯治環境を守る為にいくつかのポリシーを掲げ、湯治文化の継承に努めています。

例えば、日帰り入浴は完全予約制にしているのもその一つです。⇒日帰りを予約制にする理由
本当は、よりたくさんの方に気軽にご利用して頂きたいですし、日帰りの方にたくさん入ってもらった方が宿の運営としても嬉しいのですが・・・それを敢えて行っておりません。
すこし頑固者かもしれませんが、この希少な「栃尾又のラジウム温泉」を求めてお越し頂く皆様に、より良い状態の温泉を100%お届けしたい。故に敢えて制限をさせていただいております。

杤尾又のラジウム温泉に含まれるラドンはすぐに空気中に放出されてしまうという、品質管理が大変難しい繊細な温泉です。
しかしこの泉質でしか享受できない地球の恵みを、出来るだけ自然の状態ままでご提供できるよう、この温泉に最も適した形を探し求めて、試行錯誤を繰り返してきました。
1年を通して快適に現代湯治をしていただくために、私たち湯守はこれからも、こだわりを持って勉強して参ります。どうかこれからも温かく見守っていただければ幸いです。

自在館 湯守一同

湯守イラスト

1人あたり、毎分1リットルの「源泉100%かけ流し」

杤尾又温泉 共同浴場の湯量は毎分100リットル
杤尾又温泉3軒、満室時宿泊者人数は80名~100名

「利用人数1人に対して、毎分1リットル以上」を品質管理の基準とさせていただいています。
これは、この湯量に対してこの人数を越えてしまうと、お湯が濁り、温泉を良い状態に保てなくなる。という目安の数値です。源泉かけ流しのため、自然に浴槽から溢れる量と、浴槽に給湯される量以上に、お湯は循環しません。これは法律や、規則ではありませんので、守らなくても罰則があるわけではありません。しかし、私たちは、この温泉を求めるお客様に、可能な限り良い状態で湯治をしていただきたいと考えています。

源泉湯宿を守る会

杤尾又温泉の日帰り入浴は、なぜ予約制なのか?

長湯しやすい湯治環境をご提供する為に

栃尾又ラジウム温泉は、36度のぬるいお湯に、じっくり長時間浸かることで、その効果をより発揮できます。
そのため、自在館では出来るだけ長く滞在していただけるように、チェックイン13:00-チェックアウト11:00と余裕をもって設定しています。 つまり、間2時間しかインターバルがありません。
更に、杤尾又温泉3軒で大浴場を利用しているため、各宿満室時には約80名~100名程の宿泊者様になります。 満室時にこれ以上のお受入れをしてしまうと、浴室内が混雑し、皆様健やかに湯治をしていただけないという事態が起こってしまします。最悪の場合、お風呂場が混雑していてお風呂に入れなかった・・・ということにならないよう、日帰り入浴でも予約制をとり、利用人数をコントロールしています。

ご予約は、2日前~前日(9:00-17:00)までにお電話ください。またはメールにてお尋ねください。
※土曜休前日や繁忙期(正月・GW・お盆・SW・三連休など)は、日帰り入浴のご利用をお休みしております。あらかじめご了承くださいませ。
ご予約・お問い合わせ

温泉が劣化しにくい加温方法を探し求めて

~大浴場の塩ビ管ストーリー~

36度のとても繊細な温度で湧き出る栃尾又のラジウム温泉、冬期間は外気の影響でどうしても36度を下回ってしまいます。35度より低くなると、どうしても寒いと感じてしまうため、1年を通して湯治していただくために、いろいろな思考錯誤を重ねました。
加温方法には様々ありますが、代表的なものは「循環加温」タイプです。町中の銭湯や、多くの温浴施設が採用しており、もっともポピュラーな方法です。しかし、この方法だと一定量の塩素を投入しなければならず、源泉かけ流しを旨としている栃尾又温泉には不向きです。もう一つは、循環はせず、浴槽に入れる前にタンクなどに集めて加温をするタイプです。こちらであれば塩素は入れずに済むのですが、源泉口からお風呂まで少し離れてしまいます。

そこで、私たちは考えました「浴槽ごと温めてしまおう」と。

塩ビ管杤尾又温泉の大浴場は、浴槽の底を伝うように塩ビ管が貼り巡っています。その塩ビ管の中にはスチール製のパイプが通っておりこの中を不凍液という液体が流れています。冬になるとこの不凍液を設定温度まで温め循環させます。すると、浴槽内の温度が、すこーしだけ高くなるのです。イメージ的には、お鍋を火にかけるイメージです。お鍋は浴槽で、浴槽ごと底から温めるのです。こうすることで、源泉からの距離を離すことなく、尚且つ、循環しないので塩素を入れる必要もありません。

塩ビ管見た目的には「なんで塩ビ管?」となるのですが、安全面を考えてもやけどの心配がありません。また、衛生的にもすぐに交換できるなど、温泉を安全に維持管理するためにも、良いパートナーなのです。ここはどうかご愛嬌と思ってください。


動画で見る 湯守コラム

Video Gallery
もっと自在館の動画を見る

栃尾又のラジウム温泉ってどんな温泉?


ラジウムとラドンの違い

pH、ペーハーって何だ? 初級編


「疲れ」って、なんだろう?


湯守コラム

温泉とお風呂について
全ての記事を見る
身体と活性酸素の関係 低放射線(放射線ホルミシス)が身体に良い理由
健康づくり | 2019年5月1日
活性酸素は「体内の酸素が、より酸性値の強い物質に変化したもの」です。酸性値が高いということは、殺菌力もあり体の免疫機能の一部として働いてくれるため、・・・
もっと見る
一人旅ブームですが、「ウチは昔から お一人様大歓迎の宿です!」と、叫びたい
HPお知らせ | 24 Jul 2017
みなさんこんばんは、若旦那です。お客様から当館をお選びいただいた理由で、「温泉の質」などに続き上位にランクインするのが・・・
もっと見る
「山の湯治宿として、大浴場でのお願い」
HPお知らせ | 30 Jun 2017
最近どこの浴場でもトラブルになっていると聞いております。「浴室への電子機器の持ち込み」に関してでございます。・・・
もっと見る

はじめてのお客様へ
※ご予約の前に必ずお読みください※

私達は静養を主眼とする湯治のお宿です。
なかなか、たくさんのご要望にはお応えできないと、自覚しております。
宿の形、人の在り方も十人十色、違いがあって当然、良し悪しはないと考えます。
なので、私たちの得意なこと、不得意なことを、正直に綴ります。

お客様の大切なお時間が、より良いものになりますよう、
ご一読賜れば幸いにございます。

スタッフイラスト

新型コロナウィルス対策

ただいま自在館では、新型コロナウィルス対策を徹底しています。ご予約前にお読みいただき、ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

例えば、チェックイン時に検温を行っております。発熱(37.5℃以上)が確認された場合、魚沼市の保健所に対応をご相談させて頂きます。※魚沼市では、ご帰宅を推奨しております。

自在館の新型コロナウィルス対策
じっくり入浴

ぬるいラジウム温泉に、じっくり入浴する、現代湯治のお宿です。

休むことに主眼をおいております故、宴会宴席は出来かねます。
館内は、お静かにお過ごしいただきますようお願いします。

特に、夜間20:00頃からはいずれのお部屋でもお静かにお過ごしください。
お子様連れの場合、親御様がしっかりとご指導をお願いします。
大浴場は小学生以上のお子様とさせていただきます。
4名様以上のご予約の場合、幹事様より皆様へ当館の趣旨をお伝えいただくよう、お願いのご連絡をさせて頂く場合がございます。

貸切風呂
山の先住民(虫や小動物達)

いわゆる一般的な日本旅館のような、手厚い接客サービスはございません。

私達の目指すサービスは「ちょうどよいほったらかし感」です。
「至れり尽くせりのおもてなし」を御所望のお客様には不向きな私達です。

現代に沿う丁度よい現代湯治を模索しています。

昔ながらの自炊しながら、お安く泊まれる湯治宿を御所望の方にも不向きです。

山中の秘湯です。どうしても、山の先住民(虫や小動物達)がおりますので、苦手な方には不向きな環境です。

お子様のお食事について

大人の方と同じメニューからご用意させていただきます。
※大人向けの辛さや苦み等のあるものは付けないようにしております。アレルギーなどがある方は事前にご相談ください。

自在館へのご予約は、公式HPまたは秘湯を守る会からのインターネット予約が一番お得です。

日本秘湯を守る会限定特典

お問い合わせ

TEL
025-795-2211

お電話受付9:00~17:00

メディア掲載・取材のお申し込みや、
人事・採用に関するお問い合わせは、
担当:若旦那 星宗兵 まで。
Email
メールでのお問い合わせ
※メールでのご予約は受け付けておりません。
FAQ
よくある質問
※お問合せの前にこちらもご参考ください。
FAX
025-795-2511
Address
〒946-0087 新潟県魚沼市栃尾又温泉