ラジウム温泉について−新潟県・栃尾又温泉 日本秘湯を守る会の宿 自在館

ラジウム温泉について

第三章 先人に学ぶ「ぬる湯・長湯のすゝめ


  • 詳しい温泉分析表&解説はコチラ
  • ※別サイトにリンクします。


    放射能泉に含まれるラドンは、細胞を刺激し、活性化させ、カラダの内部の老廃物などを外に排出する作用を促す。
    いわゆるデトックス効果が見込め、みるみるうちに体調が良くなっていく。
    生活習慣病を心配されている方にも、打ってつけの温泉だという事。
    ラジウム泉は、免疫力を増強し、自然治癒力を高める。
    そして、精神的に落ち着く作用もある。
    肉体的にも、精神的にもケアしてくれる温泉は、他にはなかなか無い。


    高温の入浴は、カラダに大きな負担をかける。
    熱い湯に入ると、交感神経に影響し、血管が収縮し、血圧が上昇する。 したがって、湯に入る前には、衛生的な問題とは別に、かけ湯をして、カラダを熱さに慣らすことが肝心なのである。
    入浴中に、脳梗塞や、心筋梗塞で倒れる高齢者は、それまで熱い湯に浸かっていた場合が多い。
    熱い温泉の温熱効果は、それは素晴らしいものがあるが、交感神経が刺激され、精神的に緊張してしまい、ゆったりとはできないのだ。
    これに対して、36℃のぬるい温泉に長時間浸かっていると、ジワジワとカラダが温まってくるのが分かる。
    やがて、風呂から出たくない、ずっとこのままでいたい願望まで出てくる。ぬるい温泉の長湯は、副交感神経を刺激し、脈拍数が減り、血圧は下がり、神経を鎮める。
    さらに、胃液の分泌を促し、食欲が増進したりする。何よりも、ぬる湯の温泉は、カラダに、心臓に、負担をかけない。
    精神的にも、充分にリラックスできるのである。
    不眠症でお悩みの方にも、「自在館」の温泉は効果を発揮するだろう。


    「自在館」は、見方によれば、ぬる湯のラジウム泉のように、多少ストイックな面が目立つ傾向があるが、癒しや温泉そのものを楽しむ湯舟がある事も付け加えておきたい。 まずは、渓流・湯ノ沢川に面した貸切露天風呂「うけづの湯」。 こちらは、「したの湯」「うえの湯」と違う源泉井戸から引いているが、25.3℃と泉温も低い。 そこで、約41℃まで加温して、湯舟に源泉かけ流ししているお風呂なのだ。 こちらは、1組40分というのが規則になっているが、頬に山の爽やかな風を感じつつ、極上の湯浴みを、大事な人といっしょに楽しみたい。 同じ源泉を使っているのが、「うさぎの湯」と「たぬきの湯」。 こちらも同じく41℃前後に加温し、かけ流ししている内風呂となっている。 チェックイン時から22:20までと、朝の8:20以降が貸切風呂となり、それ以外の時間帯は、男女別のお風呂となる。

    料金・ご予約

    • プランから選ぶ
    • 客室から選ぶ
    • 日程から選ぶ
    • 自在館WEB会員登録
    • ご予約確認/変更

    料金・ご予約

    • 日本秘湯を守る会ホームページへ
    栃尾又温泉
    日本秘湯を守る会の宿
    自在館
    〒946-0087
    新潟県魚沼市栃尾又温泉
    TEL:025-795-2211
    FAX:025-795-2511

    予約に便利!プランガイド

    • 宿泊プラン
    • 湯治プラン
    • 日帰りプラン

    健康美人のTOUJI術・デトックスプラン 自在館式・現代湯治プラン