ラジウム温泉について−新潟県・栃尾又温泉 日本秘湯を守る会の宿 自在館

ラジウム温泉について

第一章 栃尾又温泉 開湯伝説と湯治宿の歴史


泉質・適応症
  • 詳しい温泉分析表&解説はコチラ
  • ※別サイトにリンクします。


    源泉「栃尾又1号」は、固体であるラジウムから出るラドン(気体)が湯に溶け込んでいる。
    そのラドン含有量は、185×10-10Ci/s(18.5ナノキュリー)。別な言い方をすれば、50.9マッヘ。
    「放射能泉」の定義の基準値の、なんと6倍以上も入っている。
    国内屈指のラジウム泉と称される所以である。
    一般的には、放射能というと人体に害があると思いがちだが、栃尾又の放射能泉は、レントゲン等の放射線量よりずっと少ない量となっている。



  • 詳しい温泉分析表&解説はコチラ
  • ※別サイトにリンクします。

    料金・ご予約

    • プランから選ぶ
    • 客室から選ぶ
    • 日程から選ぶ
    • 自在館WEB会員登録
    • ご予約確認/変更

    料金・ご予約

    • 日本秘湯を守る会ホームページへ
    栃尾又温泉
    日本秘湯を守る会の宿
    自在館
    〒946-0087
    新潟県魚沼市栃尾又温泉
    TEL:025-795-2211
    FAX:025-795-2511

    予約に便利!プランガイド

    • 宿泊プラン
    • 湯治プラン
    • 日帰りプラン

    健康美人のTOUJI術・デトックスプラン 自在館式・現代湯治プラン